コラム:米物価鈍化で6月利上げ見送りは本当か=永井靖敏氏

しばらくポンド弱いとみてるがどうだろう。利上げ遠のいたのインパクトはそこそこなはず。

コラム:米物価鈍化で6月利上げ見送りは本当か=永井靖敏氏 via

地政学リスクが相当悪化しない限り、6月の利上げが発表するまでこの下値の固さは無くならないと思う、。、

【アベノミクスタブー3】トランポノミクスの中、FRBは利上げを急ぐ。出口ナシが難しくなってきた。長期金利は「永遠のゼロ」とたかをくくっていた市場の一部にも、金利上昇への思惑がくすぶり出し、日銀は思わぬ出口の脅威に怯え始めた。https//…

2017年05月15日17時20分 – 株探ニュース – 株探ニュース 2017年05月15日17時20分 株探ニュース 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)の6月利上…

米利上げペースの漸進主義に安心しきった投資家にリスク

利上「もう18時かー。あ、小鳥遊ちゃんから電話だ」 小鳥遊『今日のご飯はカレーだよ! 早く帰ってきてね』 利上「またカレーかあ」

完全雇用状態ですが、自動車などの消費が弱いので、実際に利上げをやってしまうと、短期的には景気後退すると見ています。 利上げされてもまだ景気上昇なら、アメリカはバブルに向かうと思っています。

コラム:米物価鈍化で6月利上げ見送りは本当か=永井靖敏氏 [Reuters トップニュース]

・・・際には火の車です。解散するにも、解散出来ない。今解散したらば「83議席」を衆院では失うと考えられています。では、どうするのか。 ●英中銀、19年終盤前の利上げ示唆 総裁「円滑なEU離脱なら成長継続」Reut・・・

顛どうのブログ

・・・(右のサイドバーから一週間分の指標予定が見れます) 直近の経済指標の結果はこちら ↓ 国内 海外 <今週発表される指標から分析した今週の展望> ■ 米6月利上げへの期待 米連邦準備制度理事会(FRB)が6・・・

日経225先物 無限攻略

・・・のもみ合いとなりました。 前週末12日発表の4月の米小売売上高は市場予想ほど伸びず、4月の消費者物価指数は低調でした。主要な米百貨店の決算も振るわなかったことから米利上げペースが緩やかになるとの見方も生まれ、1ドル11・・・

ココから買う株、ココから売る株

・・・参照:サインに躊躇なく従う だが、2月からの流れとして ブレイクを果たせばそれなりに動くのだが 上にも下にも予想より固い 理由としては明確で 米利上げに伴う金利上昇はドル高材料であるが それをト・・・

ダイスケのブログ

・・・勢となり、 ドル・円は113円台前半で12日の取引を終えました。 ただし、米連邦準備理事会(FRB)は6月13-14日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で今年2回目の利上げを決定するとの見方は変わっていないことから、 市・・・

三井智映子オフィシャルブログ「ちえこのなかみ」 powere・・・

★今週のドル円は利上げ期待でドル高の流れに フランス大統領選の決選投票ではマクロン氏が勝利し、欧州の政治的リスクが後退したことで市場の注目は米利上げ観測に移り始めています。 リスクオフが後退したことでドル買い優勢となり、・・・

はなまるFXのこぼれ話


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です